ニッポン放送アナウンサー吉田尚記をアイコンとしたカルチャーサイトyoppy Powered by ニッポン放送

MENU
本格雑談 くちをひらく

アナウンサー・吉田尚記と声優・中村繪里子の”雑談イベント”を開催!その名も 「本格雑談 くちをひらく」!とにかく口を開かずにはいられない二人が、ゲストを交えて、どこに向かうかわからない、どう転ぶかわからない、神変出没の本格雑談を繰り広げます!

吉田尚記&中村繪里子の超雑談イベント!大好評につき第2弾開催!ゲストは東京大学教授・岡ノ谷一夫!

【「本格雑談 くちをひらく」第2回 ライブレポート①】

アナウンサー・吉田尚記と声優・中村繪里子。とにかく口を開かずにいられない、2人がゲストを交え本気の雑談をお送りするトークライブ「本格雑談 くちをひらく」。大好評につき、第2回が開催されました。第2回のゲストは、東京大学教授で『言葉はなぜ生まれたのか』の著者「岡ノ谷一夫」!

thum1_1

2016年12月5日、ニッポン放送イマジンスタジオにて、吉田尚記&中村繪里子によるトークライブ「本格雑談 くちをひらく」が再び開催されました。

第1回である前回は、作家・冲方丁をゲストに迎え、「物語とは何なのか」といったアカデミックな話から、冲方の不当逮捕の話まで飛び火しながらディープな雑談を展開。

今回のゲストは東京大学教授で『言葉はなぜ生まれたのか』の著者「岡ノ谷一夫」。前回に引き続き曲者ゲストを迎え、3人の雑談はどう転がり回るのか……。

第2回「本格雑談 くちをひらく」、今回も吉田&中村の楽屋からスタートします。

thum1_2

中村:喉が乾いたな~。

吉田:はいはい、これで良いですか?(水を差し出す)
いくら打ち合わせ無しと言っても、こんな始まり方ってありますか?

中村:だって、いつ喉が乾くかなんてわからないでしょ?10秒後に乾くかもしれないし。

吉田:10秒後に乾いたと感じるくらいなら、今ももう乾いてますよ。

中村:ということで、皆さんこんばんは。中村繪里子です。

吉田:いきなり始めるんですね。どうも、ニッポン放送アナウンサーの吉田尚記です。

中村:始まる前から、こんな感じでずっとケンカしてたんですが。

吉田:あっ、ケンカの話、します?

中村:します、します!さっきまで、「花泥棒に悪い人はいない」って話をしてたんですよ。吉田さんは、「いや、花泥棒にも悪い人はいる」って。

吉田:だって泥棒でしょ?例えば、米泥棒だったら悪い人でしょう?

中村:それは悪い人ですよ。米騒動も大変だったわけだし。

吉田:あれ?でも花騒動だったら、ちょっと良い話になるかも。ひろしまフラワーフェスティバルみたいで。

中村:さだまさしの「シラミ騒動」だったらどう!?

吉田:どう!?って言われても。何ですか、それ。

中村:知らないんですか!?「シラミソードー」って音階がたくさん入ってるでしょう?それで曲になってるんですよ。

吉田:へぇ~、それは凄い!

中村:このあいだ発売されたアルバムに入ってます。

吉田:あの、曲じゃなくトークだけのアルバムを出す、でお馴染みの。

中村:そうそう。そういえば、吉田さんが以前、私のライブを観に来てくださった時のメモを見たら、
「ちょっと隠れた巨乳」
「よく見ると巨乳」
「そこそこ巨乳」
っていうメモの他に、
「さだまさしスタイル」って書いてあったんですよ。

吉田:ああ、確かに書きましたね。巨乳の方は書いてないですけど。
……いや、なんでのっけから、こんなにさだまさしさんの話になってるんですか。

中村:あれ?

吉田:ゲストの岡ノ谷一夫さんの話をしましょうよ!

中村:え~っと、そもそも、岡ノ谷さんにドーナツの差し入れをしたら、「もう1個ください」って言われたんですよ。それで、私の中で「甘い物が好きな人に悪い人はいないはず」というイマジネーションが働いて、気がついたら花泥棒の話になってたんですよね。

吉田:いや、そもそも甘い物が好きな人の中にも、悪い人はいるでしょ。極悪パティシエ、みたいな。

中村:いや、それは作る人でしょ!そうじゃなくって、甘い物が好きな人!

吉田:それはそうと、中村さん。会場への移動まで、もうあと10秒しか無いですよ。

中村:えっ!10秒前!?じゃあ結論は何!?岡ノ谷さんは花泥棒!?

吉田:どう繋がったらそうなるんですか!
今回も、オープニングからテーマが二転三転する雑談を展開する吉田尚記&中村繪里子。この後、いよいよゲストを迎えての「本格雑談」がスタート!!

ライブレポート②はこちら>>