ニッポン放送アナウンサー吉田尚記をアイコンとしたカルチャーサイトyoppy Powered by ニッポン放送

MENU

映画『聲の形』“日本アカデミー賞”記念舞台挨拶レポート~これからも心に光を灯していく作品

2月1日(水)、新宿ピカデリーにて、第40回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞の受賞を記念した、大ヒット上映中の映画『聲の形』の舞台挨拶付き上映会が実施された。

DSCN4975

客席には、これまで何度も見たという方も多く、中には今回が66回目というアツいファンも。

上映前の舞台挨拶には、山田尚子監督、ヒロイン西宮硝子役の早見沙織が登壇。お互い「おめでとうございます」と言いあいながら和やかな雰囲気でスタートした。これまで、山田監督は28回、早見は14回、映画『聲の形』の舞台挨拶に参加しているとのことだが、「もう一回くらい舞台挨拶ができたら」と話していたということで、実現を喜んでいた。

山田監督は、今回の受賞を知った時のことについて、

「松竹さんからのメールで受賞を知りました。ただ、“作品賞をいただきました”とは書いてあるのですが、最後まで作品名が(文面に)出てこないので、違う作品のことかもしれないと思って、喜びそびれました」

と、ユニークなエピソードともに紹介。

_MG_0765

映画『聲の形』の収録がどのような現場だったかという問いに対して、

「濃密な1日半でした。(レギュラーのように)毎週毎週顔を合わせて録っていたわけではないのに、とっても結びつきが強かったです」

と早見が語っていたが、今回の舞台挨拶に参加できなかった石田将也役の入野自由からも、

「みんなが同じ方向を向いて、精一杯の情熱と愛情を注ぎ込んだ『聲の形』が作品賞を受賞。作品にかかわった全員に贈られた賞ですね。この1つの結果が、より1人でも多くの皆様に「聲の形」を知って頂くキッカケになれば、これ以上に嬉しいことはありません」

とのコメントが届き、一丸となっていた現場の雰囲気が強く伝わることとなった。

_MG_0747

最後に早見は、

「公開が9月で今日は2月。これだけ時間がたっても、多くの皆様と『聲の形』が共有できるのがすごくうれしいと思いますし、これからもこの作品を胸において、また今年1年を過ごしていただければさらにうれしいです」

と話し、山田監督は、

「見た方に少しでも希望の光を灯すことができればと、スタッフ一同本当に心を込めて、愛をこめて、人生を込めて作った作品です。2月になりましたが、まだその大事なものは冷めていませんので、これからもどうぞよろしくお願いいたします」

と話し、舞台挨拶を締めくくった。

_MG_0794

時間がたってもいろいろな感じ方ができる映画『聲の形』。

壇上では、Blu-rayとDVDの5月17日発売も発表されたが、これによって、さらに違う光を自分の中に灯すことができるのかもしれない。

 

取材・文:yoppy編集長 安田 隆也

聲の形_第2弾_B2ポスター16_0704_5ol
【作品情報】
<イントロダクション>
「このマンガがすごい!2015」(宝島社刊)オトコ編第1位、第19回「手塚治虫文化賞」新生賞受賞!まっすぐに「いま」と向き合う少年少女の姿を等身大に描き、全世代から共感と感動を呼んだ名作、大今良時の漫画「聲の形」。 このベストセラーコミックが、日本アカデミー賞 優秀賞を獲得した『映画 けいおん!』(11年)など、多くの作品を輩出し続けている京都アニメーションによりアニメーション映画化された。

<あらすじ>
ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。
「いい奴ぶってんじゃねーよ。」自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。

やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。
あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。
「俺と西宮、友達になれるかな?」
再会したふたりは、今まで距離を置いていた同級生たちに会いに行く。
止まっていた時間が少しずつ動きだし、ふたりの世界は変わっていったように見えたが――。

<キャスト&スタッフ>
キャスト:石田将也:入野自由/西宮硝子:早見沙織
西宮結絃:悠木碧/永束友宏:小野賢章/植野直花:金子有希/佐原みよこ:石川由依/
川井みき役:潘めぐみ/真柴智:豊永利行
石田将也(小学生):松岡茉優
原作:「聲の形」大今良時(講談社コミックス刊)
監督:山田尚子
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン:西屋太志
美術監督:篠原睦雄
色彩設計:石田奈央美
設定:秋竹斉一
撮影監督:髙尾一也
音響監督:鶴岡陽太
音楽:牛尾憲輔
主題歌:aiko「恋をしたのは」
音楽制作:ポニーキャニオン
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:映画聲の形製作委員会(京都アニメーション/ポニーキャニオン/ABCアニメーション/クオラス/松竹/講談社)
配給:松竹

公式サイト: http://koenokatachi-movie.com
公式Twitter: @koenokatachi_M

©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

 

【Blu-ray&DVD情報】
発売日:2017年5月17日(水)
本編129分

■Blu-ray 初回限定版(BD本編ディスク+BD特典ディスク):8,000円+税
■Blu-ray 通常版(本編ディスク1枚組):5,200円+税
■DVD(本編ディスク1枚組):3,800円+税

発売元:京都アニメーション・映画聲の形製作委員会
販売元:ポニーキャニオン

【Blu-ray初回限定版特典】
・キャラクターデザイン西屋太志描き下ろし特製ケース
・スペシャルブックレット

【Blu-ray初回限定版映像特典】
・映画『聲の形』公開記念特番 ~映画『聲の形』ができるまで~ ロングバージョン
・舞台挨拶映像
・ロングPV
・TV-SPOT 1/TV-SPOT 2

【Blu-ray共通音声特典】
・DTS Headphone:X
・オーディオコメンタリー

【Blu-ray/DVD共通特典】
・日本語字幕
・特報/本予告

※商品仕様は予告無く変更になる場合がございます。
※DTS Headphone:X(略称:DTS HP:X)はサラウンド音声技術で、5.1chなどのサラウンド音声を通常のステレオヘッドホン、イヤホン上で再現できる技術です。ステレオヘッドホンであればどのような機器にでも対応できます。最大11.1chまで対応可能で、専用のヘッドホンやホームシアターサラウンドシステムがなくても、手軽に映画館で鑑賞しているような臨場感を味わえるシステムです。