ニッポン放送アナウンサー吉田尚記をアイコンとしたカルチャーサイトyoppy Powered by ニッポン放送

MENU
週刊ラジオ情報センター

吉田尚記とやきそばかおるがお届けする、ラジオをテーマにした生番組!毎週月曜日21時~22時ツイキャスで生配信!

吉田尚記とやきそばかおるの週刊ラジオ情報センター第15回(2017/02/10分)補足メモ

ニッポン放送・吉田尚記アナウンサーと、ラジオライター・やきそばかおるが、毎週金曜日の22:00~ツイキャスにてお届けしている、週刊ラジオ情報センター!

RadioInfo680x383_170210

今回のツイキャスはコチラ【ラジオ情報センター #15】
http://twitcasting.tv/yoshidahisanori/movie/346272791

今回も、ラジオライター・やきそばかおるが、週刊ラジオ情報センター第15回(2017/02/10分)の補足として、放送中に触れた番組の補足情報や、時間がなくて触れられなかった番組などを、挙げていきます。

◯鹿児島 MBCラジオ特集

前回、MBCラジオ「こげなこっがあいもした」で大盛り上がりだったことから、次回(#16)はMBCラジオに注目しようということになりました。そこで、代表的な番組を紹介します。MBCラジオを聴く時の参考にしてみてください。まずは、その「こげなこっがあいもした」のおさらいから。

●「こげなこっがあいもした!」MBCラジオ(火・水曜 18時50分〜19時)
番組HP:http://radioweb.jp/?action=program&st=MBC&type=p&nd=&tm=20161213185000
放送をラジコタイムフリーで聴く(2017/02/15/水曜分)

10分間、薩摩弁のマシンガントークが繰り広げられますが、何を言っているのか、サッパリ分かりません。聞き取れるのは、途中でカタカナが出てきた時ぐらいなのですが、そこがまた面白いところです。以前、「民謡で今日拝なびら」(RBCiラジオ)の話をしたことがありますが、それよりもさらに、方言の聞き取りが難しい番組です。喋っているのは「ズバッ@RADIO 青だよ!たくちゃん」(土曜 11時〜17時)で人気の野口やたくおさんと、「城山スズメ」(後述)の笹田美樹さん。”オール薩摩弁”なのに、スポンサーが日本全国をカバーしている”オール日本”のファミリーマートというギャップがたまりません。薩摩弁を聴いた後でファミリーマートのCMが流れるとホッとします。(欲を言えば、ファミリーマートのCMも薩摩弁だったら…という気もしますが…)

●「城山スズメ」(月曜〜金曜 13時30分〜16時40分)
番組HP:http://blog.mbc.co.jp/suzume/
放送をラジコタイムフリーで聴く(2017/02/10/金曜16:00-16:40分)

MBCラジオの看板ワイド番組といえば「城山スズメ」。なんと、昭和28年10月10日のMBCラジオ(当時はラジオ南日本)開局日に放送を開始。采野吉洋(うねの・よしひろ)アナウンサー(うねちゃん)と、前回の#ラジオ情報センター で話題になった「こげなこっがあいもした」を担当している笹田美樹さん(MBC専属タレント)。16時台は奄美大島など、コミュニティーFM、3局でも放送されています。「城山」は鹿児島の地名、「スズメ」は他愛もないお喋りを意味します。

16時からは日替わりコーナーでは、月曜は動物にまつわるお便りを紹介する「スズメでコブタキツネネコ」、水曜は7万枚あるというMBCラジオのレコード室から名盤、珍盤を紹介する「スズメでバン!バン!バン!」、金曜16時からは「お父ちゃんのアニメソング」。懐かしいアニメをうねちゃんの解説と共に紹介します。ある回の放送では「ストップ!ひばりくん」を紹介していました。うねちゃんはアニメにも詳しく1982年から2010年まで「アニメでGo!Go!」を放送していました。尊敬する人は、宮崎駿さんだそうです。元「ザ・ベストテン」の鹿児島地区の追っかけマンでもあります!

「城山スズメ」のサイトには、放送した曲のリストが掲載されているのも嬉しいところ。また、番組の中で、「全国のラジコプレミアムでお聴きの皆さん、お付合いよろしくお願いします」と挨拶をするのも特徴です。そう、私もそのうちの一人です。

●「希望のリボン」(日曜 7時30分〜7時40分)
番組HP:http://radioweb.jp/?action=program&st=MBC&type=p&nd=&tm=20161030073000
放送をラジコタイムフリーで聴く(2017/02/12/日曜07:30-07:40分)

こちらも開局日から放送しています。内容は至ってシンプル。「お誕生日おめでとうメッセージ」とリクエスト曲を毎日お届けしています。中には幼稚園の保母さんから園児へメッセージが届くことも。番組開始当時は太平洋戦争の戦災が未だ癒えぬ時節で、連絡がつかない家族、親族、友人に対してラジオで盛んに呼びかけを行っていたことから始まったとか。提供は鹿児島の老舗百貨店「山形屋」で、番組開始以来、変わっていないそうです。

ちなみに、山形屋の「山形屋食堂」の名物は焼きそばです。年間20万食を売り上げる鹿児島のソウルフードです。太めの揚げ麺に、野菜や肉、魚介類をふんだんに使った餡がたっぷり掛かっていて、長崎の皿うどんに近いものがあります。テーブルに置いてある三杯酢をかけて味を調整していただきます! ※観光客は、一般的なソース焼きそばをイメージする方も多いからか、「焼きそば」を注文すると店員に「ソース焼きそばではありませんが、大丈夫ですか?」と確認されることがあります。

●「ジミー入枝のドゥーワップ・ステーション」(土曜 18時〜18時10分)
番組HP:http://blog.mbc.co.jp/doowop/
放送をラジコタイムフリーで聴く(2017/02/11/土曜18:00-18:10)

ジミー入枝さんは、ちょっと珍しいドゥーワップシンガーです。高校生でドゥーワップの洗礼を受け、ドゥーワップグループ「ジミー入枝とザキングタウンズ」を結成。その後キングトーンズの内田正人氏に師事。2001年にCDデビューを果たしました。5年ほど前からは、民謡をドゥーワップにアレンジして歌う活動を始め、自身の出身地であるいちき串木野市の民謡「串木野さのさ節」をアレンジした「ドゥーワップ串木野さのさ」をリリース。なんと、2005~07年のフジ・ロックフェスティバルに出場したそうです。喋り方に独特のテンポがあり、ジングルは桑野信義さんなど、音楽界でおなじみの著名人が登場します。ちなみに、エンディング曲は「桜島ドドンパ娘」です。

さて、毎回、たくさんの情報をありがとうございます。日本初!ラジコのタイムフリーを活用しまくっているラジオ情報番組「週刊 ラジオ情報センター」では、みなさんからの情報をお待ちしております。#ラジオ情報センター でお送りください。なお、2月20日(月)の正午にはカルチャーサイト「otoCoto」の「やきそばかおるのラジオのかくし味」のコーナーにて吉田アナウンサーをインタビューした時の記事がネットで公開されます。さらに、22日発売の雑誌「カルチャーブロスvol.6」で、「週刊 ラジオ情報センター」の特集記事が掲載されます。お楽しみに!