ニッポン放送アナウンサー吉田尚記をアイコンとしたカルチャーサイトyoppy Powered by ニッポン放送

MENU Hint

倉科カナ「実は虫垂炎と闘って…」~映画『3月のライオン』トークショーでエピソード告白

3月9日(木)、東京スカイツリータウンの「J:COM Wonder Studio」にて、公開まで10日を切った映画『3月のライオン』の、“スペシャルトークショー”が開催され、川本あかり役の倉科カナと大友啓史監督が出演した。

IMG_4022

倉科の印象について大友監督は「NHK時代、後輩がつくっていた朝ドラ(「ウェルかめ」)の時から注目していて、感情が強いコだなと思っていた。あかりは穏やかでにこにこしているけど、葛藤背負っている。そこでパッと思い浮かんで『(あかりは)倉科さんで』とプロデューサーにお願いした。はまり役だった」と語った。

これに対して倉科は「(あかり役は)難しかったです。でも、重なるところや共感できるところも多く、家庭環境ちょとわかるところもあったので。(妹の)ひな・ももとのお芝居が多かったんですが、自分も5人兄弟の長女なので、お泊り会をやったりして、はやく姉妹の関係性を作れました」と、役作りの裏側について告白した。

IMG_3968

大友監督も「倉科さんに決まって、会いに行ってお話ししたあと、スキップして帰った。スタッフと『あかりさんと同じだね!』っていいながら」というエピソードを披露してくれた。

撮影秘話についてMCから問われた倉科は「これ、言って大丈夫ですかね?」と言って大友に耳打ちしたが、「それはマネージャーに聞いてよ(笑)」と返されて苦笑い。

告白してれたその真相とは…「あかりは“ふくふく”なので、体重を増やそうと思って頑張っていたんですが、虫垂炎との闘いになってしまって…」という意外な騒動!「川本家もセットじゃなくてロケだし狭くて暑いし大変だったよね」と大友監督もねぎらう。

IMG_3987

今回は「J:COM Wonder Studio」のリニューアル記念イベントということで、それぞれの「リニューアル」についての話題になり、大友監督は「やはり自分のリニューアルは、NHKやめて映画を作っていること」と真剣に語るも「これからのリニューアルは、人生半世紀すぎてガタが来ているのでそれをなんとかしたい」と笑わせた。

倉科は「清楚なイメージだった“朝ドラ”の役あと、すぐ悪女役のオファーが来て取り組んだことですね。今後は、お芝居に対して “もっと頑張りたい”と気負いすぎるところを、肩の力を抜けるようになりたいです」と、演技について前向きな気持ちを語った。

IMG_3966

また倉科が「自分はキャラクターが強い女優ではないとので、逆に色を変化しやすいと思う。メリットでもデメリットでもあるんですが。演じる前に、役柄のことを考える時間を持つようにしているんですが、根を詰めずに遊園地に行ったりして楽な気持ちで現場に臨むようにしています」という演技の秘訣を語ると、大友監督も「いいよね。遊園地とか。あんまり考えないほうがいいね。演じるのは他人の人生だし、どこまで考えてもフィクションだから答えがない」と呼応。

IMG_3951

そして「倉科さんは、役を演じると“違う人”に見えるんですよ。あれ、誰だっけこの女優さん?って。そこがいいんじゃないですかね」と大友監督が言うと、倉科は「顔が違う、こんな顔してたんだ、ってよく言われます」と納得した。

その流れで、自然と、そして気持ちを込めて語った大友監督の言葉・・・

「あかり、いいですよ。ぐっとくる。あかりさんの芝居で心をつかまるシーンがあります」

IMG_3929

 

 

取材・撮影・文:yoppy編集長 安田 隆也

 

 

 

3lion_poster

STORY 17歳の将棋のプロ棋士・桐山零と、彼をめぐる人々の終わりなき冒険の物語。

中学生でプロ棋士としてデビューした桐山零は、東京の下町にひとりで暮らしている。幼い頃に交通事故で両親と妹を失い、父の友人である棋士の幸田に引き取られたが、ある事情から幸田家を出るしかなかったからだ。深い孤独を抱えてすがりつくように将棋を指し続けていたある日、零は近隣の町に住む川本家の3姉妹と出会い、彼女たちとのにぎやかな食卓に居場所を見出していく。今、様々な人生を背負った棋士たちが、頭脳と肉体と精神の全てを賭けて挑む、想像を絶する戦いが零を待ち受ける!

監督: 大友啓史  原作: 羽海野チカ「3月のライオン」(白泉社刊・ヤングアニマル連載)
脚本: 岩下悠子 渡部亮平 大友啓史  音楽: 菅野祐悟
出演: 神木隆之介 有村架純 倉科カナ 染谷将太 清原果耶
佐々木蔵之介 加瀬 亮 伊勢谷友介
前田 吟 高橋一生 岩松 了 斉木しげる 中村倫也  尾上寛之  奥野瑛太 甲本雅裕 新津ちせ 板谷由夏
伊藤英明 / 豊川悦司
製作:『3月のライオン』製作委員会  制作プロダクション:アスミック・エース、ROBOT
配給:東宝=アスミック・エース
(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会  映画公式サイト 3lion-movie.com

【前編】 3月18日(土) 【後編】 4月22日(土) 2部作連続・全国ロードショー!