ニッポン放送アナウンサー吉田尚記をアイコンとしたカルチャーサイトyoppy Powered by ニッポン放送

MENU

田所あずさのインタビューにアニソン歌手大木貢祐が大激怒!?

2017年3月8日配信の『田所あずさオールナイトニッポンモバイル』150回配信を記念して、新企画が立ち上がった。

その企画とは「ころあずインタビュー」。
何のひねりもないそのタイトルの通り、田所あずさがゲストにインタビューを行うコーナー。
人見知りの田所あずさが、無謀にもインタビューに挑戦したら、一体どうなっちゃうの?というのを、温かく見守ろうという趣旨だ。
インタビューの内容をこうして記事として掲載することで、さらなる番組拡散を狙ったもので、ゆくゆくはYahoo!ニュースのトップを飾ろうという目論見もある。

thum_01

第1回のインタビューは、アニソン歌手・大木貢祐。
アニソン歌手にして今回選ばれた最初の犠牲者である大木は、果たして何を聞かれて何を語るのか?

番組では、記事にしたらバズりそうな、「衝撃告白」「大激怒」「貯金額」「裏話」「ブルゾンちえみ」「感動秘話」の6つのキーワードを用意。
これらのワードをうまく絡めてインタビューをしてもらい、相手の話を引き出してもらうよう、彼女に指示を下した。

そしていよいよ始動する、インタビュワー・田所あずさ。
そのインタビュー内容は、我々の想像をさらに超えるものに・・・

田所:では、まず、これからいこうかな。「大激怒」。

大木:…えっ、そんな風に聞かれるんですか!?違いますよね、絶対!そんなキーワードをバーン!って投げられて、はい「大激怒」の話お願いします、じゃないですよね?

田所:あ~そっか(笑)

大木:話の流れの中で、上手く引き出すっていう・・・

田所:勝手に言え的なやつじゃないんですか?

大木:それじゃ何にもしてないじゃないですか、田所さん。

田所:え~そういう楽するコーナーかと思ってた。

大木:あはは(笑)

田所:え、あ~じゃあ最近怒りました?

大木:あはは(笑)ダメダメダメ!

田所:いや、これは噛み砕いたと思います!

大木:普通の話から入っていって、上手いことやってください。自分の話を入れてみるとか…

田所:あ~そういうことかぁ。最近イラついたことはありますか?

大木:一緒一緒(笑)あ~僕全然怒ったりしないんですよ~。

田所:えっ、ウソですか?

大木:あはは(笑)いや、そんな決めつけて言わないでください。

田所:ちなみに、じゃあ私のを言いましょう。私は最近オールナイトニッポンモバイルさんで、下ネタメールが増えてきたんですよ。

大木:あ、なるほど。

田所:ライブの感想でも、ふとももが最高でしたとか、へそがへそがとか、見るとこそこじゃないだろ!と私は大激怒してますけど。そんな感じのないですか?…はいっ!

大木:あはは(笑)大激怒の話ですか?あ~…強いて言えば、以前担当して頂いていた須田マネにね(笑)。

田所:あ~須田さん!ホリプロの新人マネージャーさんの、細身のひょろっとした感じの方なんですけど。

大木:すごい世慣れてないというか。

田所:そうですね、ちょっと不思議な雰囲気のある方。

大木:須田マネに関して言わせてもらえれば、LINEの受け答えに2回に1回はイラッとさせられてます(笑)。

田所:あれっ、結構な頻度で怒ってるじゃん!なに自分は温厚みたいな話してるんですか!

大木:あはは(笑)

田所:ちなみにどんなのイラッとするんですか?

大木:例えば、マレーシアでライブしたときに、

田所:すごい、マレーシア(拍手)

大木:あはは(笑)はい、マレーシアでライブしたときに、記者会見みたいなのやって、個別にインタビュー受けて写真撮ろうってなったときに、裏ピースをやったら、みんなでご飯食べてるときに、ぱぱぱぱ~って須田マネがきて、しゃがんで、すごいこそこそ話で神妙な面持ちで、「大木さん、地域や国によっては裏ピースは、マズイところがあるんで気をつけてください」って言われたんですよ。

田所:はい。

大木:「えっ、じゃあマレーシアはマズかったですか?」って言ったら、「いや、大丈夫です」って。「はぁ~?」みたいな。

田所:どういうこと?(笑)それはちょっとアレですね、確かに。

大木:具体的な歌唱についてのアドバイスとか、記者会見でこういうこと言ったらいいんじゃないかみたいなアドバイス、1コもなかったのに、急に、そこで気をつけなくていい、裏ピースのアドバイスされたんですよ。

田所:あ~、そういうとこありますか~。なんだろう、ふと思い立ったんでしょうね。でも言うにしても、写真撮る前に言ってほしいですよね(笑)。

大木:そうですね、裏ピースしそうになったときに。

田所:ちょっとスイマセンって言って。

大木:でもマレーシア多分、大丈夫なんですよ。

田所:大丈夫か。じゃあいいよ!(笑)

大木:じゃあいいよ!って、何だったんだよ!っていうのはあります。でも段々そういうエピソードたまってきて面白くなってきちゃったんで。

田所:あ~最初の頃はイライラしてたけど、あ~こういう生き物なんだと(笑)。

大木:そうそうそうそう、そうです。

田所:え~、次、「貯金額」!

大木:あはは(笑)だから、違うの!キーワードをボーン!ってぶつけるコーナーじゃないんですって!
こんな調子で、このあとも前代未聞のインタビューは続いた。
収録を終えた大木は、「えっ、これホントに記事になるんですか?大丈夫ですか!?」と驚きを隠せない様子だった。
ある意味では大木の“素”を引き出せたと言えなくもないので、ひとまずインタビュワー・田所あずさは、華々しいデビューを飾ったということで片付けたいと思う。

ちなみにインタビュー第2回があるかどうかは、今のところ未定。

[文・番組構成/高野光一]

thum_02

番組名:ニッポン放送「田所あずさオールナイトニッポンモバイル」
配信日:毎週水曜日 午前10時
番組HP:https://www.radital.jp/program-page?programNo=89
番組公式Twitter:https://twitter.com/ushi1242
田所あずさ公式Twitter:https://twitter.com/azusatadokoro
大木貢祐公式Twitter:https://twitter.com/_yokoduna_