ニッポン放送アナウンサー吉田尚記をアイコンとしたカルチャーサイトyoppy Powered by ニッポン放送

MENU
吉田ルーム

2017年4月現在の肩書は【株式会社ニッポン放送 ビジネス開発センターネクストビジネス戦略部副部長アナウンサー】!カルチャー情報サイト「yoppy」アイコン吉田尚記関連のあれこれをぎゅっと詰めました!

『けものフレンズ』オーイシマサヨシと『けいおん!!』Tom-H@ckのアニソン研究講座!<パート1>~出て来るアニソン全部すげ~!!

毎週月曜~木曜24時から放送中のラジオ番組「ニッポン放送 ミュ~コミ+プラス」から、3月9日(木)深夜放送分の、ピンチヒッターパーソナリティ・オーイシマサヨシ(大石昌良)とゲストパートナー・Tom-H@ck(トムハック)さんのオープニングトークを書き起こしでお届けします!

mucom_0309_0

オー:始まりましたミュ~コミ+プラス!こんばんは!アニソン界のおしゃべりクソメガネことオーイシマサヨシでございますーーーー!!

さあというわけでですね笑。いきなりの登場でございますけども、今日から吉田アナウンサーがテキサスに出張しているということで、今夜はオーイシマサヨシがピンチヒッターを担当致します!スタッフ情報によると今頃ダラスに到着したかして無いかという感じらしいんですけれども。オーイシマサヨシはじめましての方もたくさんいらっしゃるかと思うので、少しだけ自己紹介をしたいと思います!

オー:えー、担当した主題歌たくさんあります!アニソンシンガーでございます、『ダイヤのA』、『オーバーロード』、『月刊少女野崎くん』、『プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ』、今期は『ハンドシェイカー』というアニメのOPテーマを担当させていただいております。

オー:そしてですね、アニメ関連のお仕事たくさんしておりまして、楽曲提供、こちらもしております!最近ちょっと話題になってます『けものフレンズ』というアニメのOPテーマ『ようこそジャパリパークへ』の作詞・作曲・編曲とかもさせて頂いております、私が。あはははは笑。いやいやいや「僕が」って言わさんで良いんですよディレクターさん!

オー:で、オーイシと吉田アナウンサーとの、まあお付き合いなんですけど、15年程の付き合いになりまして、実はね、かなり古いんですね。私オーイシ、Sound Scheduleというバンドもやっておりまして、Sound Scheduleのデビューが2001年なんですけども、その2001年からまあ例えばラジオに出させて頂いたりだとか、プライベートで渋谷のお家に遊びに行かさせて頂いたりだとか、まあそれで僕もね、最近はアニソン界のおしゃべりクソメガネという感じで言われているので、吉田アナウンサーにですね、「ピンチヒッターよろしくお願いします」頼まれまして今夜が実現したという感じでございます!

オー:いつもですと木曜のミュ~コミ+プラスはですね、アニメの声優さんをゲストに呼んでいることが多いということなんですけども、今夜は!せっかくね、アニメソングを作ったりとか、歌ったりとかしております私オーイシマサヨシ。なので!「アニソン研究講座」と題して、皆さんと一緒にアニソンについて研究していく!熱い熱い夜にしていきたいと思っております!

オー:というわけで!ここで!強力なゲストの方にお越しいただいております!Tom-H@ck(トムハック)さんですーー!!

トム:どうもー!よろしくお願いしますオーイシの嫁のTom-H@ckでーす!

オー:やめとけやめとけ公共の電波や!生放送やぞ!編集でけへんぞ!・・えー、というわけでですね、Tomくんのこと知らない人もね、ラジオの前の方いらっしゃるかもしれないのでザックリと説明をさせていただきます!

トム:ありがとうございます!

オー:Tom-H@ckと言えばもうアニメ!「けいおん!!」

(曲:GO! GO! MANIAC / 放課後ティータイム)

オー:こちらですね・・。あ、今かかりましたけど、この曲やばいよね!『けいおん!!』をはじめ、数々のアニメソングの楽曲制作を手がけております!そのほかですね、アーティストへの楽曲提供、そしてアレンジもね、たくさん仕事をしております。T.M.Revolutionさんだったりだとか、でんぱ組.incさん、そしてももクロちゃん、そして劇版音楽?あるんですね、担当していたりだとか、私オーイシマサヨシとは『OxT(オクト)』というユニットを組んでいたりだとか、アーティスト名義で言うと『MYTH & ROID』っていうね、最近話題のユニットをやってたりもしますと言う感じでございます!

トム:すごいね、並べていただいてね、僕の経歴を。

オー:いやそうだよ笑。いやだってちゃんと説明しないとね、分かんない方もいらっしゃるかもしれないのでね。

トム:いや~懐かしいねぇ・・。

オー:あ、この曲がですか?もう7~8年前ぐらいとかじゃない?

トム:そうだよ、2007年が2008年ぐらいだったと思うんので僕も記憶してる感じ。

オー:いやこれさ!『けいおん!!』なんてさ、社会現象になったじゃないですか?

トム:そうですよね。

オー:アニメを知らない方も『けいおん!!』について知ってたりだとか、それこヒットチャート賑わしたりだとかしたわけですけども、その辺のアニメソング談義?こちらをですね、今夜熱く展開していきたいと思っておりますんで!どうぞ1時間お付き合い下さい!皆さんもよろしくお願いします!

トム:お願いしますー!

オー:そしてですね、生放送なので皆さんからのメールとTwitterでメッセージを受け付けております!今夜のメッセージテーマは「あなたが思うこのアニソンのここがすごーーい!」すごーいなにこれー!わー!空がすごーい!たのしーい!・・例えば!マクロスFの挿入歌・星間飛行サビに入る直前のこの「キラッ!」の部分!

(曲:星間飛行の「キラッ!」の部分)

オー:せーーのっ!(キラッ!)、よいしょ!ありがとうございます!

トム:急にオタクになるね、すごい破壊力だね・・。

オー:あはは笑。この辺とかもねぇ、気になる所でございます!例えばパート2、『らき☆すた』のOPテーマ、「もってけ!セーラーふく」のサビの部分、CDが音飛びしてみたいな、「だだだだだ!」ってなる所どうぞ!

(曲:もってけ!セーラーふくのCDが音飛びしてみたいな、「だだだだだ!」ってなる部分)

オー:このあとですよーー!(だだだだだ!)あいっしゃー!これは今でこそミュートって言うんですか?連続ミュートって言うんですけど、今でこそ結構スタンダードになってるんですけど、もう・・。

トム:当時はね!革命だったよ!

オー:革命でしたね!しかもそれがアニソンでやっちゃうっていうね!

トム:そうですね!

オー:僕はあのー、記憶に新しいんでございますけども・・。このほか、「この歌詞の独特の表現がグッと来ます」とか「この部分のギターがとにかく頭から離れません」などなど何でもOKでございます!あなたが思うこのアニソンのここがすごい!こちらを教えてください!それでは早速名刺代わりですね、先ほども申しました通り、最近私が出かけさせていただきました楽曲の方ですね、お届けしたいなと思うんですけれども・・。

トム:あれだな?あれだな?

オー:そうなんですよ・・。

トム:今話題の・・。

オー:そうですね!アニメソング界では結構話題ございます!『ようこそジャパリパークへ』という曲をね、かけたいんですけども、これもね!いろいろなんか説明したことたくさんある!

トム:まああるよね!聞くだけでも相当ねぇ・・。

オー:たくさんある!制作秘話とかいろいろしたいんだけども、とりあえず聞いてもらおうか!うん!とりあえず聴いてもらおう!というわけでどうぶつビスケッツ×PPP『ようこそジャパリパークへ』

(曲:ようこそジャパリパークへ / どうぶつビスケッツ×PPP)

オー:うーん・・、良い曲!お送りしたのはどうぶつビスケッツ×PPP『ようこそジャパリパークへ』でした!このあとTomさんにもお付き合いいただきまして「アニソン研究講座」こちらも進めていきたいと思いまーす!(パート2に続く)

この日のゲストコーナーをradikoタイムフリーで聞く・・・
※聴取可能期間は放送後1週間です。