ニッポン放送アナウンサー吉田尚記をアイコンとしたカルチャーサイトyoppy Powered by ニッポン放送

MENU Hint

高畑充希が告白『ビビっている場合ではない!』~【映画『ひるね姫~知らないワタシの物語~】初日舞台挨拶レポート

3月18日(土)、東京・新宿ピカデリーにて、この日公開の映画『ひるね姫~知らないワタシの物語~』の初日舞台挨拶が開催された。

登壇は、出演者の高畑充希、満島真之介、前野朋哉、高橋英樹、江口洋介、そして神山健治監督。

0S3A3291

安村直樹アナウンサー(日本テレビ)のMCのもと、前方上手扉からキャストが順に登場した。高畑は、演じる「ココネ」の“相棒”ともいうべきぬいぐるみ「ジョイ」を手に登壇。そして壇上には、劇中で活躍するキャラクター「ハーツ」も。

0S3A3303

満島真之介、高畑充希、江口洋介、高橋英樹、

それぞれの挨拶からスタートしたが、高畑は“ココネ”について「昼寝が大の得意で、わたしも学生時代はずっと寝ていたので、通づるものを感じながら演じさせていただきました。最初から最後まで変わらない、その変わらない前進力が周りをどう変えていくのか。<“世界を救わない”ヒロイン>というキャッチがありますが、その通りのチャーミングな役をやらせていただけて幸せです」と語った。

そして、高畑が“ココネ”として唄っている主題歌『デイ・ドリーム・ビリーバー』についての話題になり、神山監督は「この作品のテーマである“夢”を『デイ・ドリーム・ビリーバー』の(忌野)清志郎さんの日本語詞に託したいと、それを高畑さんに歌ってもらいたいという強い思いがあった。それは、ただの主題歌ではなく映画を締めくくる“ダイアローグ”であるという思いだったので、高畑さんに歌っていただいた。歌がうまいことは知っていたのだけれど、こんなに素晴らしい歌を唄っていただけて、レコーディングの時にうれしすぎて“ふわー”っとなっちゃうくらい素敵な歌を唄っていただいたので、最後に流れるところまでしっかり見てもらえたら」と、その強い想いを披露した。

0S3A3368

これについて高畑は「オファーをいただいたときは、もちろん知っている有名な曲だったので、いやいや、そんな、こわっ!と思って(笑)。みんなもう、清志郎さんの声とかで。耳になじんでいると思うので、かなり怖かったですし、悩んでたんですけど、監督がずっと制作過程で『デイ・ドリーム・ビリーバー』を聞きながらやっていたこととか、“母に対するラブレター”みたいな意味を込めた歌詞だと聞いて、おっしゃってたように作品と合わせると“ダイアローグ”的な意味をすごく持つから、『唄わねばならん!ビビっている場合ではない!』とお受けしました」と、オファーを受けるまでの想いを語った。

0S3A3389 (2)

一方「で、レコーディングしたら、監督は“ふわー”っとしてたっておっしゃってたけど、それで私は『大丈夫だったのかな?どうしよう?』って腑に落ちぬまま帰った記憶があったので、今聞けてよかったです」と、監督に疑問解消を告白すると、「今日伝えられてよかったです」と監督も笑顔になった。

そんななか、監督が2日後の3月20日が誕生日ということで、サプライズが展開され、バースデーケーキとともに、高畑からの直筆の色紙も渡された。

0S3A3433

そこに書かれたメッセージは・・・

神山さんの頭の中は宇宙みたい それを少しのぞけて参加までできて幸せでした 

この壮大なラブレター 娘さんに届け!

その娘さんについてのエピソードとして監督は、「水色のランドセルが欲しいと娘が言ったことがあって、娘だけにわかる… 映画でほんとはこんなことやるべきじゃないんだけど…ちょっと(「ひるね姫」の)劇中に水色のランドセル出したんです。スタッフに突っ込まれたときは誤魔化したんですけど、娘は完成披露試写会で見てくれたらしくて、『ランドセル水色だったね』って、メールが来ました」というウラ話を告白した。

 

そうするうちに舞台挨拶も締めの流れとなって、主演の高畑から、

『すごくいろんなことが詰め込まれていて、アタマっていうよりは感覚で、その世界のスピードについて行ってもらいたい映画だなと。いろんなことが起こって、最後、エンドロールのアニメ-ション…わたしすごく好きなんですけど…そこで、やっと物語が終着点にふわっと到着できるような感じがあって、だから最初から最後まで目を離さず、目をかっぴらいて(笑)見てほしいなと思います」

というメッセージがあり、大きな拍手が起こってフィナーレとなった。

0S3A3483 (2)

・・・エンドロールのアニメーション、みなさんのおっしゃるよう、最後までじっくりと見ていただきたい!

取材・文・撮影:yoppy編集長 安田 隆也

 

神山健治監督が贈る、“ワタシ”と“夢”の物語。
ココネを演じるのは連続テレビ小説『とと姉ちゃん』のヒロインほか多くのドラマ、映画で注目を集める女優の高畑充希。彼女にとって今回がアニメーション映画初参加となる。その他、満島真之介、古田新太、前野朋哉、高橋英樹、江口洋介といった実力派が揃た。また、本作は、「AI」「ネットワーク」「未来への願い」と、これまで神山監督が描いてきたさまざまなモチーフも重要な要素として盛り込まれている。その点で、本作は神山監督のキャリアの集大成でもある。主題歌は“夢”と“去った人への想い”を歌ったかの名曲「デイ・ドリーム・ビリーバー」(歌:森川ココネ)。

ひるね姫【メイン】

◆STORY◆ すべてを知るために、私は眠る。

岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。進路のこと、友達のこと、家族のこと・・・考えなければいけないことがたくさんある彼女は寝てばかりもいられない。無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れている。

2020年、東京オリンピックの3日前。突然父親が警察に逮捕され東京に連行された。ココネは次々と浮かび上がる謎を解決しようと、幼馴じみの大学生モリオを連れて東京に向かう決意をする。その途上、彼女はいつも自分が見ている夢にこそ、事態を解決する鍵があることに気づく。たったひとつの得意技である「昼寝」を武器に、ココネは夢とリアルをまたいだ不思議な旅に出る。

それは彼女にとって思いがけず、“知らないワタシ”を見つける旅でもあった。

 

◆原作・脚本・監督:神山健治
◆キャスト:高畑充希、満島真之介、古田新太、釘宮理恵、高木渉、前野朋哉、清水理沙、高橋英樹、江口洋介ほか
◆音楽:下村陽子
◆キャラクター原案:森川聡子
◆作画監督:佐々木敦子、黄瀬和哉
◆演出:堀元宣、河野利幸
◆制作:シグナル・エムディ
◆配給:ワーナー・ブラザース映画 ©2017 ひるね姫製作委員会
公式サイト:http://www.hirunehime.jp
公式twitter:https://twitter.com/hirune_hime
公式LINE:シグナル・エムディ

2017年3月18日(土)全国ロードショー