ニッポン放送アナウンサー吉田尚記をアイコンとしたカルチャーサイトyoppy Powered by ニッポン放送

MENU Hint
吉田ルーム

現在の肩書は【株式会社ニッポン放送 ビジネス開発センター デジタルソリューション部 吉田ルーム 担当副部長・アナウンサー】!カルチャー情報サイト「yoppy」アイコン吉田尚記関連のあれこれをぎゅっと詰めました!

おニャン子クラブに入りたいくらい80年代マニアの声優・中島愛、高校時代のあだ名がキャサリンだったことを生暴露!?

毎週月曜~木曜24時から放送中のラジオ番組「ニッポン放送 ミュ~コミ+プラス」から、3月16日(木)深夜放送分の、テキサス帰りのパーソナリティ・吉田尚記とゲストの中島愛とのゲストトークを書き起こしでお届けします!

mucom_0317_20

吉田:テキサスのオースティンから帰ってまいりました。テキサスのガリガリ蛇ことニッポン放送アナウンサー吉田尚記です。でもアメリカでちょっと太ったよ笑。ミュ~コミプラス、今夜のゲストは、あぁ~オースティンの全体的におおざっぱでおおらかな土地を見ると、この人もそうなのわかります。オースティン出身のプロレスラー「ストーン・コールド・スティーブ・オースチン」を愛する笑、この方です!!

中島:中島愛です!!よろしくお願いします。

吉田:お久しぶりです!! お久しぶりだけど、変わんないですね笑。

中島:かわんないですか?

吉田:元々、わりとお姉さんぽいタイプでしたもんね・・・。

中島:そうですね、年齢よりちょっと上に見られるタイプではあるので・・・

吉田:3~4年ぶりにお会いしたんですが、ほぼ印象は変わらないです。なんか落ち着いた生活を送られていたんですか?

中島:そうなんですよ。3年ほどおやすみさせていただきまして・・・至ってごくごく平凡な、家にいたり、寝たり、お料理作ったり・・・

吉田:ちょっと待ってください。普通の人は「平凡な」というときはあまりアメリカンプロレスのこととか考えずに生きているんですけど・・・

中島:さっき「ヘルイェ〜!」って言って登場するかスゴイ迷ったけど、ちょっとそこまでは出来ませんでした。

吉田:「ヘルイェ〜!」って3年ぶりの言葉が「地獄イェ〜!」ですか笑・・・

中島:なんかアレかな・・・って思って笑・・・

吉田:濃すぎるかな?って思った笑・・・

中島:緩めてみましたが笑・・・

吉田:だから久しぶりに都合3年間でアニメファンになった人は、あの「ランカ・リー」(『マクロスF』のメインヒロイン)がこの人なんだとか思ってるかもしれませんよね。

中島:新しく知ってくださる方もいらっしゃるかもしれないんで・・・。どうも笑、こんな感じです!!

吉田:その3年の間、ラジオをよく聞いてくださってたらしく、一昨日の「茨城トーク祭り」も・・・。田所あずさちゃんの先輩なんですよね、中島さんは。

中島:そうなんですよ。とある茨城県の女子校出身です。

吉田:だから一昨日の放送も、タイムラインとか見ていて、私も参加させろって言ってたそうで・・・

中島:茨城出身者としては、いいなぁ〜って、羨ましいなって、何で(参加できないの?)みたいな・・

吉田:中島さんが付け加えるならあの3人(カミナリの竹内&石田と田所あずさ)に何を付け加えたかったですか?

中島:いやぁ〜、結構あるある話だったんで、そうそう、ピンクの看板がねぇ〜とか・・・

吉田:それを聞く一方で、同時にアイドル関係のことも、中島さんと言えば、80年代アイドルに異様に詳しいじゃないですか・・・。

中島:ただただ好きなだけですけど笑・・・

吉田:「おニャン子クラブ」を加入順に言えるんじゃなかったですか?

中島:おニャン子クラブは言えると思いますね。私のベースです笑。軸となるアイドルグループなんで・・・。

吉田:これ聞いてると、何か誤解する人がいるかもしれませんが、(中島さんは)リアル20代ですからね・・・。

中島:まだ20代ですよ!! 1989年生まれなんで・・・。

吉田:だから間違いなく生まれる前のことに詳しすぎるタイプ・・・

中島:15年くらい早く生まれていれば、おニャン子クラブのオーディション受けられたのに・・・。

吉田:そこだったんだ・・・

中島:そこじゃないですか!! おニャン子クラブに入りたくないですか?

吉田:いや待って、AKBに入りたいって言ってもおかしくない世代じゃないですか・・・。

中島:そうですね・・・

吉田:同じ秋元康プロデュースで言うならば・・・

中島:世代としてもそうですね・・・。

吉田:それなのにおニャン子クラブに入りたいのって何で?

中島:まずあの時代が好きなんですよ・・・

吉田:80年代が好き・・・

中島:はい、まああのバブルに近いころの、上昇気流な感じが・・・。

吉田:完全にバブルに入る前の上がっていくときが・・・

中島:そそそそ!!あの駆け上がっていく時代の感じ込みでうらやましくて・・・。おニャン子入りたかった・・・・。

吉田:はぁ〜〜、そしてそこからさらに趣味が広がっていて、ニッポン放送の場合、火曜日は松田聖子さんが月イチで「オールナイトニッポンミュージック10」をやってくださっているんですが・・・

中島:いつも聞いてニヤニヤしてますよ笑・・・

吉田:力強いお答えをいただきました・・・。ニヤニヤしちゃうんだ・・・

中島:松田聖子ちゃんが喋ってる!!!みたいな・・・ヤバイ!!って・・・。

吉田:ありがたいんだ・・・

中島:もうそれだけでありがたい!!

吉田:メール送ったりはしないんですか?

中島:そんなぁ〜(恐れ多い・・・)メール読まれている人羨ましいって思いながら聞いてます。

 

吉田:中島さんにもメール届いてますよ!!

中島:ありがとうございます!!

吉田:RN:きぃさん

「お休み中だからできたチャレンジはありましたか?」

中島:良い質問ですね・・・。あたし髪の毛をずっと短くしたくって、デビュー当時から言ってることで「目標は坊主」っていうのがあって・・・

吉田:そう言えば言ってた気がします・・・

中島:髪の毛に執着がないんです。ひたすら坊主にしたい願望があったんですけど、そこまではまだだなって思ったけど、(休み中に)だいぶベリーショートにしてみました。

吉田:デミー・ムーアみたいな感じ? これも80年代の女優さんで言っちゃった・・・

中島:デミームーアさんくらい・・・最近の方だと「エマ・ワトソン」さんみたいなベリーショートで、もうちょっと前髪だけ長めに取った感じにしてました・・・。すっごい気持ちよかったです!!

吉田:それは活動を人前でバンバンやる声優さんとしてはなかなか出来ない(イメチェンだった)・・・。

中島:そんなに似合っていなくて、でも美容師さんに似合ってなくていいのでとにかく切ってくださいってお願いしたんです。

吉田:一回やりたいんです!!みたいな・・・

中島:そうです、一回どうしてもやりたくて・・・

吉田:爽快だった・・・

中島:もうこのまま生きていきたいと思った笑・・・。でも鏡みるたびに違うと・・・中島愛として表に出て行くにはこれは違うって思って・・・コツコツ伸ばして、いまはもう鎖骨くらいまでは伸びて・・・。

吉田:いまはもう元々に戻っているという・・・

中島:けっこう思い切って切ったのが一番良いチャレンジでした・・・。

吉田:そのときは、周りに気づかれたりしなかった?

中島:まず友達にもわかってもらえなかったですね・・・渋谷とかで待ち合わせても、遠くから歩いてきて「あっ」と思って手を振っても全然気が付かなかったりとか・・・警戒心満載の顔で見られたりとか・・・。数十センチまで近くに来て初めて「なんだ、キャサリン!!」って言われて・・・。私高校の友達にはキャサリンって呼ばれていたんで笑・・・。

吉田:ちょっと待て、何でキャサリンなの?

中島:何でだっけ・・・2人組で仲良しの子がいて、もう一人がキャメロンなんですよ。五感が似てるんで笑・・・。

吉田:クククク・・・

中島:確か辞書で調べて、一番顔に似合うやつをつけようぜって言って・・・それが浸透して・・・。地元では完全にキャサリンでした笑・・・。

吉田:スゴイよね・・。やっぱブレないで80年代を通す・・・

中島:人生の中に組み込まれている・・・

吉田:宿命・・・

中島:そうですね、宿命、かっこいいですね、これから聞かれたら宿命ですって言おうかな・・・それくらい80年代がベースになっています。活動する中でも、プライベートにおいても・・・。

吉田:変わりない80年代感を届けいていきたい・・・

中島:届けていきたいです!!

この日の番組をradikoタイムフリーで聞く・・・
※聴取可能期間は放送後1週間です。