ニッポン放送アナウンサー吉田尚記をアイコンとしたカルチャーサイトyoppy Powered by ニッポン放送

MENU

【潜入レポート】 あの日、たしかに私たちは「アイドル」だった。

2015年10月31日、惜しまれつつ、メンバー全員が卒業した人気アイドルグループ「アイドリング!!!」。

卒業直前の2015年9月に「アイドリング!!! 10年目の明日ング」特別公演としてCBGKシブゲキ!!で上演された「朗読歌唱劇」は、多くの反響を呼んだ。

そして、2016年、ニッポン放送イマジンスタジオでの再演が決定。本日夜より『朗読歌唱劇 あの日、たしかに私たちは「アイドル」だった<2016>』が上演される。

yoppyでは、昨晩行われたゲネプロ(稽古)に潜入した。

idol02

物語は、メジャーでの成功を掴みかけた5人組アイドルグループ「Youth」が、ある事件をきっかけに解散することになることから始まる。それぞれの道を歩むこととなったメンバー達の成長と再生をテーマに、シーン毎に登場人物の心情風景を描く楽曲を散りばめて、ストーリーは展開していく。

idol03

idol04

本番の舞台で初めて合わせたゲネプロであったが、見ている側がどんどん引き込まれていく世界がそこにはあった。そして、細かい演出の修正を加えていく。そして、もっと良くなる。

それは、彼女たちの中に流れる「現在進行形で成長するアイドル‘アイドリング!!!‘」としての魂がなせる技なのかもしれない。

『朗読歌唱劇 あの日、たしかに私たちは「アイドル」だった<2016>』は、前作からキャストも3人入れ替わり、台本も大幅に手が加えられた。

古橋舞悠・関谷真由・佐藤ミケーラ倭子・高橋胡桃・河村唯の5人と、日替わりゲストで演じる今作は、単なる朗読劇ではなく、本を持たない芝居シーンやアイドリング!!!の楽曲を中心としたライブシーン、歌唱シーンをふんだんに織り交ぜ、朗読劇という領域を超えた“朗読歌唱劇”という新しい形の舞台となっている。

上演開始まで後7時間。その瞬間まで、彼女たちの成長は止まらない。

 

【タイトル】
朗読歌唱劇 あの日、たしかに私たちは「アイドル」だった<2016>

【上演日時・出演者】
①2016年2月19日(金) 19:00開演
古橋舞悠・関谷真由・佐藤ミケーラ倭子・高橋胡桃・河村唯
<日替わりゲスト> Doll☆Elements 小島瑠那
②2016年2月20日(土) [1]14:00開演 [2]18:00開演
古橋舞悠・関谷真由・佐藤ミケーラ倭子・高橋胡桃・河村唯
<日替わりゲスト> さんみゅ〜 木下綾菜
③2016年2月21日(日) [1]13:00開演 [2]17:00開演
古橋舞悠・関谷真由・佐藤ミケーラ倭子・高橋胡桃・河村唯
<日替わりゲスト> 吉川友
※開場は開演30分前

【会場】
imagineスタジオ (東京都千代田区有楽町1-9-3ニッポン放送本社地下2F)

 

【LINK】
朗読歌唱劇「あの日、たしかに私たちは「アイドル」だった。<2016> Facebookページ
https://www.facebook.com/anohiidoling/
アイドリング!!! 公式HP
https://idoling.fujitv.co.jp/