ニッポン放送アナウンサー吉田尚記をアイコンとしたカルチャーサイトyoppy Powered by ニッポン放送

MENU Hint
声優落語天狗連

アニメ『昭和元禄落語心中』のテレビ放映に合わせた「アニメ×落語×声優」の異色コラボイベント。その名も「声優落語天狗連」。年100本近くのアニメイベントMCを務め、落語研究会出身のニッポン放送アナウンサー・吉田尚記と、同じくアニメ好きにして落語研究会出身、イベント「渋谷らくご」をプロデュースする学者芸人・サンキュータツオのダブルMCで展開中の「声優落語天狗連 Supported by 昭和元禄落語心中」の魅力をお届けします!

神田明神に笑いが響いた夜 ~「声優落語天狗連 第2回」 in 神田明神~前編

昨日(2月21日)、「アニメ×落語×声優」の異色コラボイベント「声優落語天狗連 第2回 supported by 昭和元禄落語心中」が、江戸総鎮守 神田明神 明神会館B1で開催された。

rakugo2_02

題材となったのは、TVアニメスタート直後より、豪華声優陣の演技が話題の作品『昭和元禄落語心中』(MBS、TBS他の「アニメイズム」枠で放送中)。

この「声優落語天狗連」イベントは、豪華声優陣の演技が話題のTVアニメ『昭和元禄落語心中』(MBS、TBS他の「アニメイズム」枠で放送中)を題材に、年100本近くのアニメイベントMCを務める落語研究会出身のニッポン放送アナウンサー・吉田尚記と、同じくアニメ好きにして落語研究会出身の学者芸人・サンキュータツオのダブルMCが、放送期間中の定期イベントとして展開している。

1月23日に行われた前回(第1回)は、小夏役・小林ゆうさんとのLIVEコメンタリーと、入船亭扇辰師匠の『鰍沢』を、満員のお客さんが楽しんだ。

※前回の模様
【第一回前編】 【第一回後編】 【第一回続編】

そして迎えた第2回。会場には、幸運にもチケットを購入することが出来た250名が参加。
まず、イベントの発起人であるMCの吉田尚記と、サンキュータツオさんが登壇し、イベントのラインナップ紹介が行われた。

そして、お待ちかねの、アニメ「昭和元禄落語心中」第8話の先行上映の後、MC2人による第8話の感想トークが始まった。

rakugo2_03

家でアニメを見ていた吉田尚記は「落語会スタイルでみんなで見ると‘ぐっ’とくる!」と語り、サンキュータツオさんは「第8話には、現代の落語界に通ずる世界がギュッと詰まっている」と、伝統性・大衆性といった観点や、襲名の重みなどの点を示し、解説した。

そして、アニメの中で登場人物が稽古している噺も、シーンごとに感情を示していたり、次の話への伏線になっていたり、楽しめるポイントがたくさんある!と語る2人。

そしていよいよ「声優・石井マークさんによる、声優落語チャレンジ」へとなるのだが、その前に第2話を振り返った。前座時代の菊比古(後の八代目有楽亭八雲、CV:石田彰さん)が、落語「子ほめ」を披露するシーンだ。

名人八雲も、前座時代のデビュー戦ということもあり、自身の無い落語となってしまった。

この「子ほめ」をこれから石井マークさんが、初めての落語として披露する。

会場全体の空気が、期待と心配に包まれる中、「声優落語チャレンジ」の時が来た・・・・・

中編へ続く。

 

【LINK】
『昭和元禄落語心中』公式サイト
『声優落語天狗連』公式サイト

『声優落語天狗連』レポート
※声優落語天狗連 第一回 supported by 昭和元禄落語心中
2016年1月23日(土)@神田明神 明神会館
【第一回前編】 【第一回後編】 【第一回続編】