ニッポン放送アナウンサー吉田尚記をアイコンとしたカルチャーサイトyoppy Powered by ニッポン放送

MENU
お口にあいますでしょうか!?

吉田尚記は忙しい。そんな彼に教えてあげたいとっておきのものがある。そうだ!ここで教えてあげよう。「よっぴー!これ知ってる?こんなの、お口にあいますでしょうかw!?」

「omoidori」で想い出の写真を簡単スキャン!昔から癖は変わらない!?

株式会社PFUが写真スキャナーの新製品「Omoidori(おもいどり)」を「写真の日」である2016年6月1日に発表しました。「思いを撮る=Omoidori」と命名された製品は、アルバムに貼られたアナログな写真をiPhoneをセットするだけでデジタル化できる新製品です。

DSC01227_R

「omoidori」は想い出の写真をアルバムから剥がすことなくデジタル化できるため、全く写真を傷つけずにスキャンができます。さらに、独自のフラッシュ技術により、フィルムの上からでもテカることなく撮影できるため、本物のスキャナーさながらのクオリティーで、写真をデジタル化することができます。

DSC01229_R

今回、「yoppy」ではこのサイトのアイコンである「吉田尚記アナウンサー」の想い出写真をひっぱり出し、「omoidori」でデジタルスキャンをしてみました。

まずは吉田アナのお母様に協力を頂き、幼少時代のアルバムを入手。

album

手始めに、吉田アナが3歳くらいのときの写真をスキャンしてみましょう!ちなみに普通にスマートフォンで撮影するとこんな感じ。

Jpeg

やはりテカりが強くて顔が見えなくなってしまいます。

Jpeg

しかし「omoidori」を使って撮影すると・・

Attachment-1-1

こんなに綺麗に。ほっぺたのあたりの吉田アナの面影もしっかりスキャンすることができました!

続いて小学生時代の吉田アナの写真。
普通のスマホで撮影するとやはり光の反射が邪魔をしてしまいます。

Jpeg

これを「omoidori」で撮ると・・

Jpeg

テカりなくはっきりと写すことができました。吉田アナは、昔はぽっちゃりしていたんですね!

Attachment-1-2

このように、「omoidori」を使えばわざわざアルバムから剥がすことなく、こんなに綺麗にアナログ写真をデジタル化することができます。

yoshida

吉田尚記アナは、昔から「ほぉ」という顔が変わらないんですね。みなさんもちょっと時間のあるときにアルバムを開いて、「omoidori」で撮影をすれば、今まで気づかなかった自分の変化に気づくことができるかもしれませんよ。

omoidori
■本体
<対応機種> iPhone 6s, 6, SE, 5s, 5 ※iPhone SE, 5s, 5 は、付属のアタッチメントで対応可能。
<本体サイズ(W×D×H)> 使用時 112mm × 158mm × 142mm 折り畳み時 112mm × 32mm × 152mm
<本体重量> 310g(電池搭載時)
<専用光源 > 白色LED × 4ユニット
<スキャン範囲> L判写真(89mm × 127mm)〜 2L判写真(127mm × 178mm)※合成時
<電源> 単4電池 × 2本(推奨:アルカリ電池)※約1,000枚連続スキャン(当社試験条件による)

■アプリ
<アプリ名> Omoidori
<対応OS> iOS 8.0 以降
<出力ファイル> JPEG ※解像度:450dpi~600dpi程度(条件によって異なります)
<自動補正機能> トリミング、正立補正(顔向き検出)、2L判合成、赤目補正、日付認識
※日付認識は、オレンジ色または白色の日付が対象です。
<編集機能> 回転、トリミング、赤目補正ON/OFF、日付認識(自動/手動)
<その他の機能> 写真プリント注文、フォトブック注文