ニッポン放送アナウンサー吉田尚記をアイコンとしたカルチャーサイトyoppy Powered by ニッポン放送

MENU

C&K初のホールツアー!総動員数25,000人で大成功!

CLIEVYとKEENからなる実力派2人組ボーカルユニットC&K

昨年発売されたシングル「キミノ言葉デ」がiTunesで2位を記録、通算4枚目となるオリジナル・アルバム『CK MUSIC』はオリコン週間ランキング7位を獲得。そして初のオールタイムベスト「CK IT‘S A JAM ~BEST HIT UTA~」はオリコン週間ランキング10位を記録し話題沸騰中だ。圧倒的なライブパフォーマンスが話題となり、福岡マリンメッセ、鹿児島アリーナ2days、両国国技館2days等、1万人規模の単独公演を次々と成功させている。

そんなC&Kが5月8日からスタートした初のホールツアー「日本全国CK地元化計画 ~地元です。地元じゃなくても、地元ですツアー2016~」のファイナル公演を7月9日金沢市民文化ホールで行った。

160605ck2585_web(w680)

場内が暗転しスクリーンにオープニングVTRがスタート。CLIEVYとKEENがそれぞれ「タイム」と「ラベル」という役に扮した映像が流れ始める。2人合わせて「タイムとラベル」ということでこれから色んな時代にタイムトラベルをするようだ。「新しい時代に行くよ!」ということで、幕が下り登場したのはまるでドリフを彷彿とさせる衣装をまとったメンバーとダンサーたち。1曲目「CK7」がスタート。続けざまに「今度はギラギラした時代に行くよ!」とタイムとラベル。ステージでは90年代の大ヒット番組「THE夜もヒッパレ」のパロディーが始まる。ランキング形式でパフォーマンス曲を紹介していく。

160605ck0150_web(w680)

パフォーマンスに移る時はMCデク坂さんが「金沢ファイナルいけるかー!」と盛り上げ「見たい、聴きたいたい、踊りタイ!」と聞いたことのフレーズで会場の一体感が生まれる。楽曲は「ジャパンパン~日本全国地元化計画~」「へべれけ宣言」「Milky Way」「パーティー☆キング」とアッパーチューンを連発し会場のテンションを一気に引き上げる。

そして観客の頭が混乱し始めるのはここからだ。曲が終わったかと思えば、芝居が始まり出す。TVプロデューサーに扮したがダンサーしおりをバーに誘い出す。嫌々ついて行くしおり。バー店内でのパフォーマーとしてC&Kが登場し「抱きしめたい」を歌い上げる。そんな中バー店内でしおりは偶然恋人と鉢合わせてしまい、ダンスの練習をさぼり飲みに来ていると勘違いされ突然別れを告げられる。そこで再びC&Kが登場し「BYE BYE BOO」を披露。芝居と音楽が交互に入る、まるでミュージカルのような演出になっている。さらに芝居のシーンと歌詞の内容が重なり合っているのも見事だ。しおりが振られたことから街中をさまよい始めているところにC&Kが登場し「心の糸」を披露。珠玉なバラードをKEENが歌い上げる中、後ろでCLIEVYが好き勝手に踊りまくるという、しっかり聴きたいのに笑ってしまう一筋縄では聴かせないC&Kらしいミュージカル演出だ。

160605ck0824_web(w680)

すると再びタイムとラベルが登場し、次は江戸時代へ。今度は名作ドラマ「おしん」のパロディーのようだ。ここまで来ると観客も劇団のライブを見に来たのかと勘違いしてしまうだろう。KEEN扮するKEEN太郎、母のおしん、なぜか2人いるおじい。貧乏な暮らしをしている彼らの元に、借金取りがやって来る。KEEN太郎達はなす術が無く困っていたところに、おむすびの被り物をしたCLIEVYが「おむすびマン」として登場!借金取りを追い返したおむすびマンはKEEN太郎達に米をプレゼントしたシーンから「※がある」がドロップされる。「日本ビート」「DANCE☆MAN(WOKKY WOKKY×BOGGIE WOGGIE)」今までのコントのような芝居から一気にファンキーなダンスナンバーが連続でドロップされる。

160605ck1044_web(w680)160605ck1207_web(w680)

いよいよミュージカルも大詰めに。出演者全員が揃い同じ衣装で歌いながら登場。みんなで歌いながらメンバー紹介を行い「We are C&K!!」とミュージカルのカーテンコールのように幕が下りた。
本当にこのまま終わってしまうのかと思ったがどうやらこのあと、再び登場の タイムとラベル。通常のライブあるようだ。まさかの2部構成のライブ。お馴染みの紅白の衣装で再び登場したC&Kが2部の冒頭は「to di Bone」「梅雨明け宣言」でCLIEVYが「地元じゃなくても地元ですから!金沢!!」と叫び、オーディエンスは彼らの歌声に合わせてこの曲の振りを踊った。

160605ck1950_web(w680)160605ck1968_web(w680)

「始めて僕たちが石川でライブをした時、人が集まらないということを悟られないように、みんなに座って頂いて、トークショーをやり、大喜利とかをやっていました。そんなことを思い出しました。ファイナルを迎えられて嬉しいです。」とCLIEVY。照明が徐々にライトダウンされていくと、「新曲」「キミの言葉デ」「終わりなき輪舞曲」と、彼らのバラードナンバーが披露されていく。オープニングのお祭り騒ぎと打って変わり、情感たっぷりに優しい歌声を響かせる2人の姿を観客は静かに見つめる。

そこから一転、爆音のイントロと共にCLIEVYから「あれこれ考えてもメンドクセーっす!つまりはそういうメッセージ!」と「MENDOKUSE」が始まる。そして最後の曲となる「踊LOCCA~around the world 新たなる冒険~」では客席のファンが次々に肩を組み、あちらこちらにサークルができあがっていく。ホール会場とは思えない一体感と華やかなムードの中、2人は客席に笑顔を向けながらこの曲を歌い上げた。

アンコールの声に迎えられステージに戻ってきた2人は、今回のツアーがファイナルを迎えるまでを振り返った。「僕たちに取って『C&K』の’&’となっている皆さんの存在がとても大きいです。皆さんの支えにいつも感謝をしています。」と語るCLIIEVYが「この曲にはそんなメッセージの曲です」と届けたのは「心の糸」。次に「歩き出せ」を披露。「楽しい仲間たちとだと何でも乗り越えられる。楽しいことを忘れずに、がむしゃらになることを忘れずに歩き出せ、歩き続けるメッセージ」というCLIEVYのMCも印象的だ。アンコールラスト曲は「CK目離ぃ~娯乱島」で締めくくった。

ダンサーたちもステージから下り、2人きりになったC&Kだが突然銃撃され倒れてしまう。そこで再びタイムとラベルが登場し「次は8月27日の海の中道で会いましょう!」と締めくくるが、本日はツアーファイナルということで「銃撃される前にタイムトラベル」しダブルアンコールがスタート。「幸せのディスタンス」「みんなのうた」を届ける。「このツアーので皆さんから頂いた募金を持って、今度熊本に行ってきます。7月18日熊本に行ってきます。」というメッセージを客席に伝えるCLIEVY。「愛を浴びて、僕がいる」では会場全員を巻き込んだ「ララララ」の大合唱を起こし、最後は「四池さんのマーチ」で客席との一体感のもとライブが終了。そして再び2人は銃撃されタンカーで運ばれ舞台を後にした。

なお、今回MCの中でもあった通り、C&Kは8月27日(土)に福岡県 海の中道海浜公園 野外劇場で初の野外2万人ワンマンライブ「地元です。地元じゃなくても、地元です。今度は野外でワンマンです。in 海の中道海浜公園」に挑戦する。また、7月18日(月)には熊本フリーライブ「地元です。地元じゃなくても地元です 熊本フリーライブ~ツアーの替わりと言ってはなんですが~」を行う。震災以降熊本では初めて大規模なイベントとなる予定だ。

<セットリスト>
日本全国CK地元化計画
~地元です。地元じゃなくても、地元ですツアー2016~

2016年7月9日(土)  金沢市民文化ホール
01. CK Ⅶ
02. ジャパンパン~日本全国地元化計画~
03. へべれけ宣言
04. Milky Way
05. パーティ⭐︎キング
06. 抱きしめたい
07. BYE BYE BOO
08. 心の糸
09. ※がある
10. 日本ビート
11. DANCE⭐︎MAN(WOKKY WOKKY×BOGGIE WOGGIE)
12. ENDING
13. CK Ⅱ
14. to die Bone
15. 梅雨明け宣言
16. 新曲
17. キミの言葉デ
18. 終わりなき輪舞曲
19. MENDOKUSE
20. 踊LOCCA~around the world 新たなる冒険~
〈アンコール1〉
21. 心の糸
22. 歩き出せ
23. CK目離ぃ~娯乱島

〈アンコール2〉
24. 幸せのディスタンス
25. みんなのうた
26. 愛を浴びで、僕がいる
27. 四池さんのマーチ

■ライブ情報
「地元です。地元じゃなくても、地元です。今度は野外でワンマンです。in 海の中道海浜公園」
<開催概要>
日程:2016年8月27日(土)
時間:開場14:30/開演16:30
会場:海の中道海浜公園 野外劇場(福岡県)
<チケット>
チケット詳細:http://www.c-and-k.info/

「地元です。地元じゃなくても地元です 熊本フリーライブ~ツアーの替わりと言ってはなんですが~」
日時:2016年7月18日(月/祝) 17:00ライブスタート
会場:熊本城二の丸公園
出演者:C&K
チケット:入場無料
【主催】熊本市
【協力】(株)くまもと県民テレビ/(株)キョードー西日本
【お問い合わせ】熊本城総合事務所 096-352-5900
スターレイエンタテインメント info@c-and-k.info

■商品情報
「CK IT’S A JAM ~BEST HIT UTA~」
【初回盤】CD+DVD<スペシャルデジパック仕様>
UPCH-29217 3,990円(税抜)

【通常盤】CD
UPCH-20415 2,500円(税抜)

【CD】BEST HIT UTA (収録曲順)
1.アイアイのうた~僕とキミと僕等の日々~
2.みかんハート
3.キミノ言葉デ
4.終わりなき輪舞曲
5.ジャパンパン~日本全国地元化計画~
6.へべれけ宣言
7.DANCE☆MAN(WOKKY WOKKY×BOGGIE WOGGIE)
8.パーティ☆キング
9.交差点
10.ぼくのとなりにいてくれませんか?
11.続→60億分の1
12.Sun Son Sound feat.九州男
13.ジェニファー何度もあなたに恋をする
14.愛を浴びて、僕がいる
15.梅雨明け宣言

【DVD】BEST HIT LIVE
★初商品化 / ☆新編集
・「ぼくのお嫁になってくれませんか?」
2011.4.24@赤坂BLITZ(日本全国CK地元化計画~地元です。地元じゃなくても、地元ですツアー2011~)
・「王様ゲーム」☆
2013.3.9@Zepp Fukuoka(日本全国CK地元化計画~地元です。地元じゃなくても、地元ですツアー
2013~)、2014.11.24@マリンメッセ福岡(CK無謀な挑戦状 inマリンメッセ福岡)
・「AND MORE…」★
2014.4.30@東海テレビ「xMUSIC」
・「YOU ARE MY FIRE~お前にこの愛を捧ぐ~」★
2014.6.28@なんばHatch(CK 無謀な挑戦状Case1 九州編~マリンメッセへの道~)
・「梅雨明け宣言」★
2014.7.27@海の中道海浜公園(NUMBER SHOT2014)
・「終わりなき輪舞曲」☆
2014.11.1@札幌Sound lab mole、2014.11.24@マリンメッセ福岡(CK無謀な挑戦状 inマリンメッセ福岡)、他~
・「みかんハート」
2014.11.24@マリンメッセ福岡(CK無謀な挑戦状 inマリンメッセ福岡)
・「C&KⅡ」
2015.5.22@Yokohama Bay Hall(CK無謀な挑戦状case2 東日本編~両国国技館への道~)
・「愛を浴びて、僕がいる」★
2015.7.4@鹿児島アリーナ(THAT’S RIGHT!!!? 見てるあなたは大正解!!?)
・「DANCE☆MAN (WOKKY WOKKY×BOGGIE WOGGIE)」★
2015.11.2@両国国技館(CK無謀な挑戦状case2 in両国国技館)
・「踊LOCCA~around the world 新たなる冒険~」☆
Various Lives

※通常盤はCDのみ

【C&Kプロフィール】
CLIEVY(クリビー)とKEEN(キーン)からなる男性二人組シンガーソングライターユニット。
同じ大学に通っていた二人が、学生時代に結成。湘南や横浜を拠点に活動を開始。
2010年に「梅雨明け宣言」でユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー。 その音楽性は、ディスコ、ファンク、ソウル、レゲエなどのブラックミュージックをルーツに、フォークや80年代の歌謡曲、クラブミュージックまで幅広いジャンルに 至る。
またデビュー以来5年間に渡って”日本全国を地元にしたい!”という想いのもと、「日本全国地元化計画」と銘打った全国ライブツアーを軸に活動。
その 圧倒的なライブパフォーマンスが話題となり、福岡マリンメッセ、鹿児島アリーナ2days、両国国技館2days等、1万人規模の単独公演を次々と成功させるにまで成長。
これまで4枚のアルバム、13枚のシングル、全世界通算で約500本のライブ、20年後には1,000本のライブを行うC&Kは、2015年 10月に発売した最新フルアルバム『CK MUSIC』がオリコン週間ランキング7位(初のベスト10入り)を獲得。