ニッポン放送アナウンサー吉田尚記をアイコンとしたカルチャーサイトyoppy Powered by ニッポン放送

MENU Hint

生駒里奈が再び“サチコさん”の恐怖に挑む!

今日から公開となった映画『コープスパーティー Book of Shadows』の魅力について、シネマアナリストの八雲ふみねさんにお聞きしました。

01(w680)

より過激に…。恐怖を煽る最新作が完成

コンシューマーゲームシリーズ計15万本以上、コミカライズシリーズ100万部以上、そのほかにノベライズ、オリジナルアニメ、ドラマCDなど幅広く展開したホラーゲームシリーズ「コープスパーティー」。

乃木坂46の生駒里奈を主演に迎え実写映画化、昨年公開された『コープスパーティー』は原作の世界観を忠実に再現し、スマッシュヒットを記録。その続編となるシリーズ最新作『コープスパーティー Book of Shadows』が、早くも劇場公開となりました。

呪いのおまじない「しあわせのサチコさん」を行い、怨霊の住まう異空間へと飛ばされてしまった直美は、そこで多くの仲間を失った。それから半年後。事件を生き延びた直美とあゆみは死亡した友人たちを取り戻そうと、悲劇の舞台となった小学校へと舞い戻る。しかし、さらなる残酷な運命が待ち受けていた…。

02(w680)

ファン待望の本作にて主演を務めるのはモチロン、乃木坂46の生駒里奈。恐怖シーンでの迫真の演技だけでなく、直美とあゆみの人間関係を中心に、直美の心の機微も丹念に表現。女優として、大きな飛躍を見せています。

前作からの続投となる前田希美、池岡亮介、喜多陽子、JUNは、さらにキャラクターを膨らませ大活躍。
さらに新キャストとして、石川恋、水石亜飛夢、青木玄徳が加入し、作品に華を添えています。

監督は、前作につづき山田雅史。より怖く、より過激に、そしてよりグロッキーに。(良い意味で)B級ホラーの醍醐味がたっぷり楽しめますよ。

03(w680)

ファン必見、異色のコラボレーションが実現!

とにかくいろんな意味で、前作以上にパワーアップしてるぞっ!!…というのが、本作の印象。どこが? どんな風に??それはもう、自分の目で確かめてもらうしかないとして、チャレンジ精神あふれる作品に仕上がっていることは間違いありません!

続編が前作を超える…というのは、決して容易くはないこと。それもこれも、キャスト・スタッフが一丸となって取り組んだ賜物でしょう。

となると、さらなる続編も…。期待してしまいますよね〜。

04(w680)

そして「超える」と言えば、本作では異色の共演も見どころのひとつ。乃木坂46の生駒さんと後輩グループ・欅坂46から抜擢された石森虹花さんのグループの垣根を超えた共演は、ファンならずとも気になるトコロ。

それから青木玄徳さんと水石亜飛夢さんが名前を連ねているのにも、思わずニンマリ。「牙狼<GARO>」シリーズの「闇を照らす者」楠神哀空吏(青木さん)と「魔戒の花」クロウ(水石さん)。

こちらも同じドラマシリーズの時空を超えての並びですよ。もぉ、タマりませんっ!!!

05(w680)

本作は7月30日から全国順次公開。同時に、動画配信サービス「ニコニコ動画」と連動し、ネットシネマでも同時公開。

お家の近くの映画館で上映がない…。でもいち早く『コープスパーティー Book of Shadows』が観たいっ!!!という人は、ネットでの鑑賞もオススメですよ。

【文:八雲ふみね】

06(w680)

タイトル:『コープスパーティー Book of Shadows』
※2016年7月30日からシネリーブル池袋ほか全国順次公開
※動画配信サービス「ニコニコ動画」で同日配信スタート
監督:山田雅史
原作:Team GirlsGirls/5pb.Games(MAGES.)
原作監修:祁答院慎
出演:生駒里奈(乃木坂46)、前田希美、池岡亮介、石川恋、水石亜飛夢、JUN(BEE SHUFFLE)、喜多陽子、石森虹花(欅坂46)、青木玄徳 ほか
©2016 Team GrisGris/MAGES./5pb./映画「コープスパーティー Book of Shadows」製作委員会
公式サイト http://cp-movie.jp/

八雲さんキャプション