ニッポン放送アナウンサー吉田尚記をアイコンとしたカルチャーサイトyoppy Powered by ニッポン放送

MENU Hint
新しいラジオを作ろう!

ラジオ局のアナウンサー吉田尚記は常々考えている。ラジオは‘成長産業’だ!と。そこで、どうしようかと考えた。そうだ、新しいラジオを作ろう!

ラジオというずっと変わっていないものだからこそ、変えると面白いかなと思いました

株式会社ニッポン放送、株式会社Cerevo、株式会社グッドスマイルカンパニーの3社は、ワイドFM対応のラジオ「Hint(読み:ヒント)」を開発したことを先日発表しました。製品のコンセプトをニッポン放送が、ハードウェアの仕様設計や試作機の開発をCerevoが手がけたほか、フィギュアメーカーのグッドスマイルカンパニーが製品のデザイン面で協力し、現在クラウドファンディングを通じて製品化を目指しています。

仕様設計とハードウェア開発を担当する、株式会社Cerevoの岩佐琢磨代表取締役に、開発の経緯を聞きました。

Cerevo岩佐社長

Q:どのような経緯でこのプロジェクトに参加されたのでしょう?

実はですね、グッスマさんで全然別件で打合せをしていた時、たまたま隣の部屋で吉田アナが「ラジオ作りたい」って話で、打合せをされていたんです。いろいろ迷ってんだよねと、安藝さんからちょっとおもしろい話があるから参加してよ、なになに、って首突っ込んだら、吉田さんは馴染みなんですけども、あれこんなところで何やってるんですか、って話したら、どうもラジオを作りたいという話だったんで、そこから話がどんどん進んでという経緯です。

Q:吉田アナとはお知り合いだったんですか?

いつからでしょうね。もともとうちの甲斐(株式会社Cerevo 甲斐祐樹ディレクター)が仲良くさせて頂いていたんですが、その流れでご紹介いただいて、良く「さんまの会(※吉田アナが主催するイベントで、みんなでさんまを焼いて食べる会)」とかには遊びに行きました。

Q:最初に吉田アナからアイデアを聞いたときの感想

「今、ラジオやるのかぁ・・・」っていう感じでした。ただ僕らの会社っていうのは、cerevoは、これまでもう当り前のようにあった商品を、なにか新しいIoTと言われるテクノロジーだったり、なにか新しい切り口で変えていこう、ネットに繋がっていなかったものをつなごうとか、そうことをやっている会社なので、このラジオのアイデアを聞いた時、なんか面白いことやるな、でも今更ラジオかとも思ったのも半分ありましたが、ラジオというずっと変わっていないものだからこそ変えると面白いかなとは思いました。

Q:開発中にこだわった点

けっこういろんなところに僕ららしさというか、うちのエンジニアリングチームのこだわりが入っています。まずやっぱりラジオなんで、部屋中どこに置いても聞ける、どこからともなく声が聞こえてくる、そんな設計にしたいなと思いました。

まずスピーカーは完全に無指向性にしようと、部屋の端においても右においても左においてもなにか全体から暖かい声が聞こえてくるラジオらしい設計にひとつこだわってます。

やっぱりいまどき、昔はラジオしかエンタメがなかった時代、何十年も前ってあると思うんですが、いまどきみなさん、スマートフォンも持たれて、ふだん音楽を聞いたり、あるいはインターネットのコンテンツ観られたりも多いと思うので、Bluetoothスピーカー、要はスマホのスピーカーとしても使っていただけるというような設計にして、いわゆるクラシックのBluetoothが中にはいってます。

最後は僕らがこだわったというよりも、吉田さんがすごいこだわられた部分で、吉田さんといろいろディスカッションして入れた機能として、BLE(Bluetooth Low Energy)というテクノロジーが入ってます。BLEを入れることによって、何が出来るのかというと、ラジオの放送波の上にある特定の音波というか、音を流すと、このラジオからスマートフォンがキックされる、例えば吉田アナが番組で「こういうところに行くと面白いですよ」という話をされたあと、特定の音がピッポッパと入ると、手持ちのスマホにそこの施設のホームページがワッと出てくる、これか今放送で言ってたの、というのが出てくる、そんな機能ですね。今回はプラスアルファの新しいラジオの機能として入れてみました。

Q:LEDについて

はい、先ほどお話した、BLE(Bluetooth Low Energy)を使って、放送中にこんな場所とか、こんな店とかの話をしたとき、スマホの画面が切り替わるって話をしたんですが、それと、似たような機能で、放送室の中でなにかボタンをヒット「青」を押すと、日本中のユーザーのHintが一斉に青く光る。また「紫」というボタンを押すと日本中のHintがぜんぶ紫に灯る。そんなこともできるようになっています。

正直、これがなにが楽しいのかとか、どう面白いのかってのは僕らもまだわからないんですが、意外にそれがなんか面白いんじゃないかみたいな話が最初の議論のなかにあって、機能として入れてみよう、なんとなく面白そうじゃないですか。ラジオの音声に合わせて、ラジオが光るというのがちょっとおもしろいかと思って、実装してみました。

これでどんな番組が出来てくるのか、僕らはラジオ(番組)の素人ですから、そこは吉田さんがどう面白いものを持ってくるのか楽しみです。

製品サイト
http://www.yoppy.tokyo/hintradio

クラウドファンディング(CAMPFIRE)サイト
https://camp-fire.jp/projects/view/8696/