ニッポン放送アナウンサー吉田尚記をアイコンとしたカルチャーサイトyoppy Powered by ニッポン放送

MENU

中村勘九郎・松坂桃李・大島優子ら映画「真田十勇士」豪華キャスト陣が満席の会場に感激!

映画と舞台が同時期に公開&上演という、映画界・演劇界にとって史上初の画期的な試み=世紀のビッグプロジェクトがついに幕を開ける!
“真田イヤー”と呼ばれる今年、日本映画最大の超大作として『真田十勇士』が9月22日(木・祝)に全国公開となりました。

この度、公開初日を盛大に盛り上げるべく、主演の中村勘九郎をはじめ、松坂桃李、永山絢斗、加藤和樹、高橋光臣、駿河太郎、村井良大、荒井敦史、望月歩、青木健の十勇士のメンバーやくノ一・火垂役の大島優子、真田幸村役の加藤雅也や石垣佑磨、淀殿役の大竹しのぶ、そして本作を手掛けた堤幸彦監督の総勢15名の豪華ゲストが丸の内ピカデリーに集結、観客約800人とともに門出を祝いました。

sanada_0922_butaiaisatsu1(w680)

天下の名将と名高い真田幸村が実は“腰抜け”の武将だという大胆な発想で日本を代表する映画監督・堤幸彦が手がけた本作各世代を担う実力派俳優が堤監督の元に集結し、圧倒的なスケールと各々が挑む切れ味鋭いアクションで、今の時代だからこそ描くことの出来た超ド級のエンタテインメントムービーが完成。

この日、公開初日を盛大に盛り上げるべく、舞台挨拶直前に中村勘九郎、松坂桃李、大島優子、加藤雅也、大竹しのぶが真田軍を引き連れ有楽町の街に突如出現!居合わせた人々はあまりに突然のことで驚きながらも、『真田十勇士』だと気づくや否や黄色い声援が飛び交い、辺り一帯は大盛り上がり!キャスト陣も集まったファンに笑顔を見せ、声援にこたえていた。その模様を舞台挨拶会場ではスクリーンに中継、観客の前にゲストが姿をみせると会場のボルテージは一気にMAXに!!そんな中イベントがスタート!

sanada_0922_neriaruki2(w680)

撮影時は過酷なロケが多数あり、苦楽を共にした仲間と初日をむかえることができた主演の勘九郎さんはとても感慨深い様子。「今日こうして大勢の方々が観に来て下さったことが本当にうれしいです。キャストとスタッフともども過酷な状況で撮影をしていたので、それがやっと花咲いた日になりましたね。」と喜びを明かした。

sanada_0922_butaiaisatsu2(w680)

今回、本作の重要なテーマの一つでもある“絆“の強さを改めて実証するため、撮影の合間にもやっていたという加藤和樹さん考案の早口言葉にゲスト15人が挑戦!お題の”あぶりカルビ“という言葉を聞くと、お馴染みのお題のようで「あぁ~」と声を漏らすゲスト陣。会場に訪れた800人の観客の注目を受けるという緊張感漂う中、真田親子が躓きそうになるドキドキする場面もあったが、無事に大成功!和気あいあいとした様子で撮影後も変わらぬ絆の強さを証明した。

sanada_0922_butaiaisatsu4(w680)

また本作ではアクションのみならず、淀殿が幸村に、火垂が才蔵に抱く“秘めた想い”も描かれ、切ない恋模様が作品のスパイスとなっている。実際に“秘めた想い”を抱いてしまうほど魅力的なキャラクターを女性陣に聞いてみると、大竹さんは即答で真田大助役の望月さんをあげ、「撮影の時はもっと小さかったのに、いつのまにこんなに大きくなって…凄いなって思いました。」と15歳でまだ初々しい望月さんへ歩み寄ると大竹さんが「どんな役者さんになりますか?」と質問、突然のことに驚きつつ「頑張ります!」と緊張した様子でコメントし、この和やかなやり取りに会場からも温かい笑い声が起こった。

一方、大島さんは「どうしたらいいの?(笑)」と悩むと、キャストみなさんに「並んでください!」と意中の人の方を叩く方法を選択すると、「合コンじゃないんだから!」と突っ込まれる一幕も。最終的には監督へ相談し、身構えるイケメン男性陣を横目に大竹しのぶさんにハグを!「ご一緒できて凄い嬉しかったんです。」と伝えるも、「大竹さんが目の前で寝ているところを観察する時間が凄い楽しかったです(笑)」とユニークな撮影の裏話まで明かし、大竹さんは「そんな褒め方あるんだ(笑)」と突っ込みを入れ会場の笑いを誘った。

sanada_0922_butaiaisatsu3(w680)

また最後には堤監督から「舞台から始まってここまでこれたこと本当に幸せに思います。同時に舞台も再演していて、舞台と映画それぞれご覧になっても楽しめると自負しています。全国の皆さんにご覧いただければなと思います。」とメッセージを残した。

さらにイベントの最後には、主演の勘九郎さんの音頭のもと史上最大級の“800人・三三七拍子”を実施。ヒットを予感させる見事なしめくくりとなり、大盛況のうちイベントは終了した。

sanada_0922_neriaruki1(w680)

◆中村勘九郎
今日は雨の中、本当にたくさんの皆様お越し頂きありがとうございます。このメンバーで「真田十勇士」撮れたことを誇りに思います。

◆松坂桃李
とてもロマンの詰まった新しい歴史の一ページが作られた作品だなと思っています。みなさんにも何か心に残ってくれたらその心に残ったものを周りの方に伝えて頂ければ嬉しいです。

◆大島優子
初日から来てくださって嬉しいです。映画を観て頂いた通り、男の生きざまというものをしかと観て頂いたと思います。こちらに並ぶ十勇士の皆さん、本当にかっこよくて、そして堤監督のすべてを詰め込んだ映画となっていますので、もっともっと沢山の方に観て頂きたいので、知り合いやお友達にお伝えください。そして、今日はもっともっといい一日をスタートさせてください。

◆大竹しのぶ
本当にここにいる役者、監督、そしてスタッフが過酷なスケジュールの中、一生懸命やったワンカットワンカットがこういう形になって皆さんに観て頂けて本当にうれしく思います。

◆加藤雅也
ついに今日公開の日を迎えることができました。みなさんのお力でできるだけこの公開の期間が長くできるようにしたいなと。多くの人に見て頂きたい映画となりましたので、どうぞ宜しくお願いします。

◆永山絢斗
今日は朝早くからありがとうございます。ここにいる皆さんが今日の最後までいい日になることを祈っています。

◆加藤和樹
ついにこの日を迎えられました、これもひとえに皆さんのおかげだと思っております。この作品のテーマでもあります、嘘を本当にする、幸村を本物の名将にするという作品ですが、僕らがついた大嘘が皆さんの心の中に本物として残って、日本中の方々に広がっていけばいいなと思っています。

◆高橋光臣
このメンバーとこの作品を作れたこと本当に幸せに思っております。皆さんの心の中に残ったものを日本全国に広めて頂ければなと思います。そして皆さんが今日一日幸せに過ごせるよう祈っています。

◆石垣佑磨
仙九郎という役で十勇士ではないんですが、これからもこの十勇士の応援宜しくお願いします!

◆駿河太郎
現在舞台もキャスト一部違いますが、再演しています。舞台・映画とも宜しくお願い致します。

◆村井良大
この映画がついに初日ということで、こんな嬉しいことはないです。

◆荒井敦
観て頂いた通り、凄い作品になっています、ぜひいろんな人に観て頂ければと思います。

◆望月歩
皆さんとこの日を迎えられて幸せに思っています。

◆青木健
北関東や東北の方、特に茨城の方、ぜひ望月六郎を広めてください。劇場(舞台)ではもっと訛ってやっております、侍魂を見に来てください。

◆堤幸彦監督
キャスト・スタッフ持てる力を総動員して、全力で力を出し切って作った映画です。ぜひ沢山の方にお勧めください。

映画【真田十勇士】

監督:堤幸彦
脚本:マキノノゾミ 鈴木哲也
出演:中村勘九郎、松坂桃李、大島優子、永山絢斗、加藤和樹、高橋光臣、石垣佑磨、駿河太郎、村井良大、荒井敦史、望月歩、青木健
伊武雅刀、佐藤二朗、野添義弘、松平健(特別出演)、加藤雅也、大竹しのぶ
配給:松竹・日活/©2016『真田十勇士』製作委員会
公式サイト:http://sanada10braves.jp/
9月22日(木・祝)より全国公開