ニッポン放送アナウンサー吉田尚記をアイコンとしたカルチャーサイトyoppy Powered by ニッポン放送

MENU
声優落語天狗連

アニメ『昭和元禄落語心中』のテレビ放映に合わせてスタートした「アニメ×落語×声優」の異色コラボイベント。その名も「声優落語天狗連」。年100本近くのアニメイベントMCを務め、落語研究会出身のニッポン放送アナウンサー・吉田尚記と、同じくアニメ好きにして落語研究会出身、イベント「渋谷らくご」をプロデュースする学者芸人・サンキュータツオのダブルMCで展開中の「声優落語天狗連」の魅力をお届けします!

わたしを落語に連れてって~「声優落語天狗連」 in 神田明神~ 前編

kanda01

昨日(1月23日)、「アニメ×落語×声優」の異色コラボイベント「声優落語天狗連 supported by 昭和元禄落語心中」が、江戸総鎮守 神田明神 明神会館B1で開催された。

kanda02

題材となったのは、TVアニメスタート直後より、豪華声優陣の演技が話題の作品『昭和元禄落語心中』(MBS、TBS他の「アニメイズム」枠で放送中)。

会場には、500名の中から抽選でチケットを購入することが出来た250名が参加。

まず、イベントの発起人である吉田尚記が登場。
企画の際、場所をどこにしよう?ニッポン放送のイマジンスタジオ?それとも自宅?などと悩んでいた時に、ご縁を頂いて神田明神で開催できることになった裏側を報告した。

kanda03

ゲストとして登場したのは、同作品で小夏役を務める声優小林ゆうさん。落語ファンで知られる彼女は、もっとも好きな落語家である、故・立川談志師匠のモノマネをしてみせ、彼女が談志師匠を好きになったきっかけが、テレビのドキュメンタリーで「談志師匠が道端でタオルを振り回しているシーンを見た時から」というエピソードを披露し、笑いを誘った。

小林ゆうさん曰く、アニメ「昭和元禄落語心中」のアフレコ現場は「まるで落語サークルみたい!」とのこと。石田彰さんや、山寺宏一さんをはじめとした豪華声優陣がイキイキと楽しんでいる現場の様子を伝えてくれた。

続いて、吉田と小林さんの2人が解説しながら、アニメ第1話を会場のみなさんと一緒に見るコーナーへ。主人公が師匠に土下座するシーンや、師匠が車に乗るといった一見普通のシーンも、2人の軽妙な解説で、会場は笑いに包まれていた。それはまるでソムリエのような存在に見えた瞬間だった。

そして、第1話の終盤で、八代目有楽亭八雲(CV:石田彰さん)の落語シーン「鰍沢」が終わると、会場からは「八代目!」の声が飛び、拍手が巻き起こった。

さながら、目の前に用意された高座に、八雲師匠がいるかのような感覚が会場を包んでいた。

kanda04